ママの人生を、もっとかしこく。

仕事と子育てを両立する、共働きワーママの賢く生きる術と子育て論ブログ

【入園準備】26インチ電動自転車が欲しいワケ

都内勤務、3歳男の子を育児中のワーママです!

 

ワーママのみなさん!

もう電動自転車はお持ちですか?

 

我が家は...まだなんです。

でもついにこの時がやってきました!

 

f:id:myungka:20190305133953j:plain

 

 

 

8時15分の電車に乗らないと会社に間に合わない。

8時に幼稚園に送って行った後とぼとぼ歩いている時間が無い!

歩くと駅まで15分。

これを電動自転車にすると駐輪含めておそらく5分!

ということで、

 

『電動自転車がなきゃ通園通勤がキツイ』!!

 

きっと夫も送り迎えをするときがあると考慮しまして、身長の高い男性でも無理の無い26インチ電動自転車を探し中であります。

 

電動自転車の主流はどんどん車体の低いものになってきていますよね。

24インチが多い中、お気に入りの26インチを見つけたいと思います。

メーカーは安心安全の大手ブリジストンがいい!

我が家では、先にメーカーを決めてからの自転車選びです(笑)

 

 

f:id:myungka:20190305133055p:plain

 

電動自転車を3つにしぼって検討中。

 ひとつずつどんなものか紹介してきますね。

 

 

 

 

1、 ヘッドレスト付チャイルドシート搭載アシスタファイン -2019モデル-[内装3段変速][26インチ]

 

f:id:myungka:20190305124150p:plain

 

 

f:id:myungka:20190305124407p:plain

 

リング錠を施錠すると同時にハンドルもロックされる機能を搭載。

さらに、ピッキングに合いにくいディンプルキーを採用していたりと防犯面も万全。

 

充電約2時間で最大36kmの走行ができる6.2Ahのバッテリーを搭載

 

OGK製ヘッドレスト付きチャイルドシート

2~6歳未満で身長115cm以下、体重22kg以下のお子様を乗せることができる
衝撃吸収率約90%の超衝撃吸収パッドをヘッドレストに採用。 こどもの側頭部まで守る仕様。スライド式なので高さ調節も可能。

 

2段階に調整可能なステップ

グングン成長するこどもにはありがたい機能。

 

チャイルドシートの仕様

5点式シートベルトズリ落ち防止でしっかりホールド。
ラバー素材のクッションを採用。表面には撥水コーティングを施しているため、雨にも強い。
こどもが握りやすいグリップバー付き。

 

簡単ワンタッチで後ろカゴに変身!

荷物が落ちないようしっかり支えてくれる。

 

暗くなったら自動で点灯するオートライト機能

バスケット下取り付けタイプの小型ランプ。

 

幅広ワイヤーバスケット

サイズ、幅約45×奥行約30×高さ約24.5(cm)。

 

この機能性で10万以下はすばらしい!

今のところこれが第一候補かな。

 

 

ブリヂストン(BRIDGESTONE) ヘッドレスト付チャイルドシート搭載アシスタファイン -2019モデル- | 自転車通販「cyma -サイマ-」人気自転車が最大30%OFF!送料無料

cyclemarket.jp

 

 

 

2、HYDEE.Ⅱ -2018モデル-

 

f:id:myungka:20190305125927p:plain

f:id:myungka:20190305130014p:plain

 

マウンテンバイク風

26インチ×1.95HEのタイヤを標準装備。 少し太めのタイヤがスタイリッシュ。

 

明るい高輝度ホワイトLED

手元でON/OFFが可能で夜道も心配なし。

 

内装3段変速チェーン

外れにくい内装式変速機を搭載 安全面でも妥協無しのブリジストンさま。

 

ハイガードチェーン

サビに強いチェーンを標準装備。 何気に嬉しいポイント!

 

2018モデルに限定仕様が登場!

スタイリッシュな白ライン入りタイヤに、スプリング付きのレザーサドルを装備した限定モデル。

 

いつでも乗りたくなるようなデザイン

クルーザータイプのハンドルやスポーティなファットタイヤ、スタイリッシュなアルミペダルなど一切の妥協なし。 さすが雑誌veryとのコラボ商品! こどもがチャイルドシートを卒業したあとでも長く愛せるデザイン。

 

雑誌コラボだから高いけど、高さも納得のデザイン。

夫が1人で乗っても断然かっこいいのは、1番目よりこっちよね。

 

 

ブリヂストン(BRIDGESTONE) HYDEE.Ⅱ 2018モデル-(ハイディ ツー) 電動自転車・子供乗せ自転車 | 自転車通販「cyma -サイマ-」人気自転車が最大30%OFF!送料無料

cyclemarket.jp

 

 

 

3、HYDEE.Ⅱ-2019モデル-

f:id:myungka:20190305131145p:plain

f:id:myungka:20190305131200p:plain

2018年とどこが違うの?と思った方のために。

以下3つが追加され、さらに機能性UP!!!

電池のモチがよくなった!

両輪駆動で走りながら充電できる!!

ベルトに注油必要なしで、服が汚れない!

 

 

走りながら充電機能が搭載

走れる距離がUP! 充電回数が減るため、バッテリーも長持ちし、電気代の節約にもなる。

 

ハンサムなデザイン

パパが乗せてもキマる自転車といえばこれ! 子乗せ自転車でもおしゃれが楽しめるはいい。

 

セミブロックタイヤ

耐パンク性能が高いのでパンクの心配軽減。 パパとこどもで100キロを超える可能性を考えるとありがたい性能。

 

スマートワンタッチパネルボタン

操作がより簡単になったみたい! 乗ったことないので、ここは良い機能なのか判断できないw

 

おしゃれな後ろシート

1台で2色のシートが楽しる。 迷彩と黒なので、またまたスタイリッシュな感じ。 さすがveryとのコラボだけありますね!

 

錆びない・外れないベルト

ドライブ注油もいらないため、服が汚れる心配なし! これはスカートを履くままにはゼッタイ嬉しい機能。

 

自動で充電!

走りながら充電機能左ブレーキをかけると、前輪モーターが発電して充電できる! 想像もつかないくらいすばらしい機能。

f:id:myungka:20190305132602p:plain

 

 

2018年版でも十分スタイリッシュで乗りたくなる機能性のハイディーⅡ。

でも進化した2019年度版を見ると、やっぱり買うならこっちがいいかな~。

 

 

ブリヂストン(BRIDGESTONE) HYDEE.Ⅱ (ハイディ ツー)-2019モデル- 電動自転車・子供乗せ自転車 | 自転車通販「cyma -サイマ-」人気自転車が最大30%OFF!送料無料

cyclemarket.jp

 

 

 

まとめ

お値段的には1番目だけど、3番が一番タイプ。

雑誌veryが好きだから更にハイディーⅡが気になる。笑

どうせ10万円だすことには変わりないから、やっぱり気に入ったほうを買うのがいいかな?と思っています。

 

ただハイディーは前かごも別料金だし、プラス料金がどんどん発生しそうな予感。

15万円は軽くいっちゃうのかしら...。

 

夫も乗るので、この3つを提案して今月中に購入予定です!