ママの人生を、もっとかしこく。

仕事と子育てを両立する、共働きワーママの賢く生きる術と子育て論ブログ

【外資系OLのビジネス英語】〆切日を伝えたいときの表現3つ!

こんにちは!

 

英語話せる!といっても、日常会話とビジネス英語とでは違います。

TOEICの点数だけで外資系になぜか入社できたものの、言い回しがわからず戸惑っちゃう...。そんな経験ありませんか?

 

まさしく、私がそうでした。

 

出張者とカジュアルな話が普通にできるものの、プレゼンや資料作りは苦手。

セールスチームに所属しているものの、交渉ごととなれば逃げたいくらい...。

 

ネット検索しても、見つかるのはとっても堅苦しい英語の言い回しか、カジュアルな英会話しかない。

きっと私みたいに、外資系OLレベルでさらっと簡単に使える英語サイトを必要としている人がいるはず!

ないなら自分の実経験を生かして作ればいいのか!

そう思って始めた【外資系OLのビジネス英語】です。

 

絶対使える表現をご紹介していきますね!

 

 

 

〆切日を伝えたいときの表現

取引先や工場へ締切日を伝えたいけど、なんて言っていいかわからない。

日にちや時間の締切は伝えられるけど、もうすこし緊急感をだしたい。

こんなことで、困ったことありませんか?

 

 

今日の使える表現は、締切日を伝えるときの表現方法。

いろいろな言い回しがありますが、とりあえず知っておくべき基本の3フレーズを選んでみました。

 

f:id:myungka:20190303145407j:plain

 

1, by next week

恐らく中学校の時に習ったであろう、一番基本形。

”by+曜日/日付” の表現方法。

シンプルですぐに使えますよね。

 

たとえば

- I want you to finish your report by March 10th .

(3/10までにレポート終わらせてください)

- Can you give me a feedback by Friday?

(金曜までに回答もらえますか?)

 

2, by the end of the day

急いでる時に使いたい表現のうちの一つ。

”今日中に”とお願いしたい場合はこの表現で伝えてみよう!

 

by the end of~で、"~中に"となります。

今日中以外でも今週中にや今月中になど、いろいろ使い回せます。

 

- I would like you to check the content by the end of the day.

 (今日中に内容の確認をしていただきたいです。)

 

3, at the very latest

なかなか回答が得られない時、何度か催促したあとに使える"遅くても"という表現。

ありませんか?

何度も期限付きでお願いしても、返事か来ない場合。

そんなときは最終のお願いとして、"遅くても〇〇までに"と時間や日にち付きでお願いしてみましょう。

 

より急ぎの案件なら、以下例文のように"It's very urgent"と付け加えるのが尚良し。

 

 - It's very urgent so I need you to send me by 1pm your time at the very latest.

 (とても急ぎなので、遅くてもそちらの時間の1時までに私宛に送ってください)
 
 

締切日に間に合いそうにない時の表現

 

It's a bit tight. Could you give us time?

締切日を伝えたいときの表現を学びましたが、逆に言われた締切日に対して間に合いそうにない時ありますよね。

 

もちろん、締切日までに仕上げるのがベスト!

でも間に合いそうにない時は、締切日の連絡をもらってすぐにこんな表現で返答してみてはどうでしょうか。

 

もうすこし時間いただけますか?と依頼する場合は、丁寧に"Could you~?"で始めることをお忘れなく!

 

 

 

最後に、現役外資系OLが薦めたい!

(机に隠し持っておいて)役立つ本はこちらがおすすめ。

 

 

 

 

 

いかがでしたか?

英語のフレーズを調べるのは簡単ですが、すぐに調べられたものはすぐに忘れてしまうもの。

また使えそうな言い回しや表現方法を見つけた場合は、メールの下書きとして一覧表を作るのが便利ですよ!(私はこの方法でスキルアップしました)

具体的には、今日の場合だと件名に”締切日表現”と入れて、メール本文に使える表現を箇条書きにする。たった、これだけです!

 

手書きで見返すのも良いのですが、どこに書いたかわからなくなった…となることが多いので。

絶対すぐに見つけられるメール機能をフル活用するのが賢いワザ。

 

では、次回もお楽しみに!